Monthly Archives: 6月 2015

保湿した肌になりたい

セラミドの含まれたサプリメントや食材などを毎日継続的に摂取することにより、肌の水分維持能力が更に発達し、身体の組織を構成しているコラーゲンを安定な状態にすることだって可能です。

エイジングや毎日紫外線を浴びたりするせいで、全身の至る所にあるラーゲンは硬く萎縮したり量が減少したりするのです。こういったことが、肌の硬いシワやたるみができてしまうきっかけとなります。

洗顔後に化粧水を顔に塗布する際には、最初に適切な量を手のひらに出し、体温に近い温度にするような感じをキープしつつ掌全部に伸ばし、均一になるよう顔全体にやさしくそっと浸透させていきます。

気になる毛穴のケアについて質問してみた結果、「毛穴を引き締める効果のある化粧水などをつけて対応している」など、化粧水を使用して対策を考えている女の人は回答者全体のだいたい2.5割程度になるとのことでした。

顔に化粧水を使用する時に「手で塗布する」派と「コットンでなじませる」派に分かれるようですが、この問題は基本的にはそれぞれのメーカーやブランドが効果的であると推奨しているつけ方で使用していくことを第一にお勧めします。

保湿を狙った手入れをしながら同時に美白目的のスキンケアをすることにすれば、乾燥の影響で発生する数多くある肌のトラブルの悪い巡りを断ち、理にかなった形で美白のためのスキンケアが実施できるということになるのです。

若々しく健康な美肌を保つには、たくさんのビタミンを取り入れることが重要ですが、更に皮膚の組織間をつなげる必要不可欠な役割を持つコラーゲンを合成するためにも絶対に必要なものなのです。

10~20歳代の健やかな肌にはセラミドが多量に保有されていて、肌も潤いにあふれしっとりとしています。けれども悲しいことに、年齢を重ねることでセラミド量は減少していきます。

美白を意識したスキンケアを一生懸命していると、無意識に保湿が一番だということを忘れていたりしますが、保湿もしっかり心掛けていないと期待ほどの成果は出てくれないということになりかねません。

肌の一番外側にある表皮には、硬いケラチンタンパク質からできた堅固な角質層が覆うような形で存在しています。この角質層内の角質細胞間を充填しているのが「セラミド」という名の細胞間脂質の主成分です。