Main Content

肝斑の治療方法

30代から40代の女の方が悩むお肌の不調のひとつが、「肝斑」といわれる症状です。左右の目の下の目尻から頬あたりにぴったりクマのような感じにできるシミのことです。

肝斑があらわれる原因として関連性があると思われるのが女性ホルモンで、肝臓に病変があるからといった理由ではないようです。肝斑の治療方法としては、トラネキサム酸を摂るとよいとされており、有名な化粧品会社や製薬会社から、飲み薬が開発され、売られています。肝斑は特殊な症状ですので、一般的なシミ改善法を試し立ところで効果が期待できないのが実情です。鼻炎やアトピーなどで肌をこすっていると、表層が剥がれて薄くなります。再生してもまだ新しいので、とても脆く傷つきやすいです。

表皮は水分の蒸発を防いで肌を保護するはたらきがありますが、繰り返しストレス(刺激)を与えると表皮の再生が追いつきません。皮膚細胞の再生を担う基底層や真皮にまで影響が出てきます。

具体的には、弾力性がなくなり、たるみ、よれ、しわ、と着実に進むので、みるみる素肌年齢が進んでしまい、回復にも時間がかかるようになるのです。

濃いシミが肌にあって目たつので取り除きたい。

そんな時に効果があるのは、レーザー治療やメディカルピーリングなど、皮膚科や形成外科での治療でしょう。専門機関による治療のメリットとしては見るからに効き目が分かり、時間をかけずにシミをなくすことが可能なことですね。皮膚科などに行かないで手軽に直したい場合には、ドラッグストアなどで販売しているシミに特化した皮膚薬を使用するか、ホワイトニング効果のあるハイドロキノンが配合された専用化粧品でケアすることがシミ対策に有効です。シミ・シワ・そばかすなどアンチエイジングの敵として最も影響力が大きいのは乾燥でしょう。肌の水分バランスが崩れてくると、細かいヨレ(昔は縮緬皺と言いました)が出て、しわができやすくなります。

目の周囲というのは温度が低く代謝が弱いので乾燥の影響が表れやすく、もっとも早く皺ができる場所と言われていてているのです。

肌のハリを生み出すコラーゲンとかヒアルロン酸の減少も加齢により加速するので、シワ予備軍とも言うべき肌のたるみが生じやすいです。肌年齢をキープするためにも適切なケアをしていきたいものです。ビタミンCの美白効果をねらって、輪切りのレモンを顔に乗せて、レモン果汁とオイルでパックする方法が流行になりましたが、お肌には悪影響しかないので、決して行ってはいけません。

レモン果皮のオイルには、肌につけて紫外線に当たると、皮膚にダメージを与える光毒性があります。シミに有効な作用をレモンのビタミンCで期待するなら、毎日のご飯で、欠かさず食べるようにして下さい。湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層が重なった作りになっていて、傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていくわけです。この表皮が薄くなってしまうと、そのすぐ下にある真皮まで損傷が及ぶ可能性が大聞くなってくるのです。ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、こうしてシワやたるみは生まれます。

肌にシワができる原因は、細かく挙げれば色々になるのです。

しかしながら、最も大きな原因とされているのが乾燥になるのです。水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、皮膚にシワが刻まれていくことになるのです。

例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。

それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸、これらは減って行く事になり、シワ、たるみは加齢によっても増えていくわけです。

立とえ同量の紫外線を浴び立としても、肌に出来てしまうシミというのは人によってそれぞれちがいが見られます。要するに、シミに出やすいタイプの肌があります。具体的な話では、白く、きめの細かい肌のことを言います。どう見分ければいいかというと、太陽の日差しで肌が焼けた時、赤くなってしまうタイプの人です。

美肌というものは、とても繊細なものだといえます。テレビに映っている芸能人の肌って美しくてシミなど見当たりません。

でも、やっぱり人間は人間ですから、本当のところは、お肌の悩みからは逃れられないのです。言うまでもなく、人前に出ることが仕事ですから、我々とはくらべられないほど、必死になるのも仕方ありません。

芸能人のスキンケア法にヒントを得れば、もしかしたら、肌のお手入れに利用できるかもしれませんよね。肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。

ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。キメが細かくよく整った肌は皮丘には充分な水分がふくまれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。でも、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになるのです。傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。