Main Content

カテキンとビタミンCの両方を摂取する

肌荒れの予防には、顔を洗い終わったなら、即化粧水等で保湿を行ないます。

何を肌につけるのかは、肌質によっても変わってきますし、その時の、体調によっても異なってきますでしょう。毎日、化粧水や乳液、美容液等を用いるのではなく、肌状態との相談をしてちょーだい。普段から多様な保湿商品を使うと、お肌本来の保湿機能が低下します。

私の母は、朝、顔を洗う時、ソープや洗顔フォームを用いません。母は水だけで顔を洗うことにしています。母は、洗顔フォームをつかって顔を洗うと、お肌に必要な皮脂もすべて落ちてしまってお肌にダメージを与えるから水だけでじゅうぶんと、石鹸いらない説をよく私に語ってくれます。そんな母はですが、65歳という年齢を感じさせず輝いています。

緑茶は、お茶の中でもトップクラスの最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。

カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの作用をいっそう高める働きをしています。活き活きした白い肌を保つ為にビタミンCは必須の栄養素なので、カテキンとビタミンCの両方を同時に摂取することが可能なので、メラニン色素が沈着し、シミの元になることをすごく抑える事が可能です。紫外線を同じだけ浴び立としても、それにより肌に出来るシミはその人の肌の性質によって違います。一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌が存在しています。
PG2アイトリートメント

詳しくお話ししますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。簡単な見分け方は、夏場など、日焼けした時に黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。美しい肌はデリケートですから、注意が必要ですね。鼻炎やアトピーなどで肌をこすっていると、表皮が薄くなってピカピカに突っ張っているのがわかるはずです。表皮の下には真皮があり、皮脂腺や汗腺は真皮に存在していますが、必要なケアを怠っていると、いずれは真皮のタンパク質の構造に負荷がかかり、耐えられなくなってきます。真皮にまで影響が及ぶとリフト機能が弱まってしまい、回復できなかった皮膚の緩みがシワになるため、一気に顔の年齢が進んだように感じるのです。皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。肌の外側にあって外界に接している表皮はとても薄い層がいくつも重なってできており、外傷や摩擦によって、この表皮の層は次々と減っていくことになります。

表皮は皮膚のバリアという大切な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮まで損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。そんな風に真皮が損傷を受けてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。皮膚のスキンケアを丁寧に行うか否かで、効果の差は激しく感じる事が可能です。

お化粧が上手くいくかどうかもお肌の状況が良いかどうかで決まってくると思っております。

素肌が良い状態で保つためには、丁寧なお手入れを行うことが大切なことだと思っております。近頃、肌の調子上がらなくてどうしたらいいかな、なんて鏡に向かって思うようになりましたら、欠かさず毎日食べている、ご飯の内容を見直してみるのはどうでしょうか。毎日摂るご飯を変えると、肌の状態がずいぶん変化していきます。シワ、シミを始めとする各種肌トラブルについても、薄くなるなどの改善がみられるようになりそうです。私立ちの身体は毎日のご飯によって保たれていて、意外と短いサイクルで全身の細胞が入れ替わっています。難しく考えずに「暴飲暴食をしない」といった辺りから始めて、それからご飯内容の吟味に進めばよいでしょう。これは地味ながら究極のお肌改善法であり、アンチエイジングです。ご飯により、身体の根本からアプローチするこの方法は、効果はゆっくりですが、必ずあらわれてくるはずです。ひとりひとりの人によって肌の性質は違います。普通肌、乾燥肌、敏感肌など、たくさんの肌質がありますが、なかでも、敏感肌の人は、どんな肌のお手入れ商品でも適しているとは言えません。

もしも、敏感肌用以外のお手入れ品をつかってしまうと、肌に負担を与えてしまいかねないので、注意しましょう。乾燥肌にお悩みの方は多いと思っておりますが、肌のお手入れ方法を変えるだけでびっくりするくらい肌質が改善します。洗顔用の石鹸をよく泡立てて洗い、ぬるま湯で洗い流すという方法でお肌を乾燥とは無縁にすることが出来るでしょう。逆に、乾燥肌を悪化させてしまう洗顔方法は洗顔シートで拭き取ってしまうことです。

大切な皮脂もいっしょに落としてしまうので、このお手入れ方法はやめておいた方がいいでしょう。