Main Content

シミの最大の敵は紫外線です

前に、美白重視のスキンケア製品を役たてていましたが、肌にマッチしなくなり、保湿と抗老化を重視した製品へ取り替えました。化粧水が何種類あるのに当初は戸惑いましたが、真冬でないのであれば洗顔後の肌ケア方法はこれだけで十分です。冬季の時期には夜のケア時に美容クリームを塗るだけという易しいものになりました。シミは、スキンケアの悩みの中でも多いです。老化、紫外線による日焼けなどの影響でメラニン色素が沈着するという原因で、その結果、シミが実年齢以上に年上の印象を与えるのです。もし、顔にできてしまうとひどく気になってしまうものですが、シミを防ぐのは毎日のスキンケアで充分可能ですし、できてしまったシミを消すことができる方法があります。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。

例として挙げるなら、最近、テレビなどでご存知の方も多い「肝斑」なのです。ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが一般的に言われています。また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、紫外線によりできるシミよりも治療面において厄介であるのもこのシミの特長です。鏡を見て、加齢によるシミににショックをうけたことはないですよねか。

一口にシミと言っても、その形や体のどの部分にできるかということで、多数の種類があるため、それに対応した薬をドラッグストアで捜したり、皮膚科へ行ってみるのもいいでしょう。

市販薬やクリニックの調合薬が万能な所以ではないですよねので、そんなシミの対処にお困りの場合は、レーザーを当てて治す方法も考えてみて下さい。困ってしまうことに、肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまうのです。そもそもシミとは何なのかに着目すると、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素が表面から剥がれることなく蓄積されたものです。

お肌のターンオーバーを正常化することで少しはシミを目たたなくすることが可能となりますが、家庭やクリニックでピーリングを行い、古くなった角質を除去すると、その効果をいっそう実感できるはずです。

とはいえ、ピーリングをし過ぎると逆に、肌に多大な負担をかけてしまうので、注意しましょう。

特に三十代と四十代の女性が頭を悩ませる肌トラブルに、「肝斑」といわれるものがあります。左右の目の下の目尻から頬あたりに好発する、まるでクマのようなシミのことです。肝斑を引き起こす要因として、女性ホルモンが関わっているのではないかという説があって、肝臓の病気とは特に関係がないといわれているのです。

トラネキサム酸がその治療に有効だとされており、CMをご覧になった方もいるかもしれませんが、大手化粧品メーカーや製薬会社から、内用薬として売り出されていますね。肝斑は特殊な症状ですので、一般的なシミ改善法を試したところで効果が期待できないのが実情です。「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。

際立つ特長としては、抗酸化作用があります。

お肌を老化させてしまう活性酸素のはたらきを抑え込み、紫外線トラブルを予防したり、悩んでいたシミにも改善してくれます。

これは是非とも摂らなければと思う効果が期待出来るポリフェノールですけれども、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。美肌への第一歩としては、こまめな摂取をするということになります。顔のシミをコンシーラーでみえなくしようとしたら、反対に、シミが気になるようになったことはないですよねか?実際、ファンデの選び方として、本来のお肌の色より明るめの色をセレクトする人がよくいますがシミを見せないためにコンシーラーを買うのであれば、自分の肌より明るめの色を選ぶとシミがもっと際立ってしまいます。シミをわからなくするためのコンシーラーの色は肌よりもやや暗めのカラーを購入して下さい。

秋冬になって乾燥が激しいため、年齢肌ケア用の化粧水に変えました。思ったとおり年齢肌に特化した商品ですし、値段もするだけあって期待どおりの結果を実感します。化粧水でも肌がもっちりとしめるので、乳液なども薄くのばすのみでいい感じです。翌日の肌がピンとして、ファンデーションも美しくのって大満足なので今後も使用します。みかんはビタミンの含有量がとても多く、新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐためにお薦めの食べものです。食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。

朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が紫外線に敏感に反応するようはたらき、む知ろシミが広がることもあるそうです。美肌のために食べるのなら、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。